産み分け成功。みんながやっている、いろんな方法をやってみる価値、絶対有りです!

産み分けのタイミング

男性、女性の性別が決定するのは受精の時。

 男性染色体を持つ”Y精子”が卵子にたどり着くと男の子
 女性染色体を持つ”X精子”が卵子にたどり着くと女の子

となります。

受精後にいろいろやっても性別を変更させることはできないのですが、 受精前にいろいろやることで、産み分けも成功するらしいですよ!

スポンサードサイト


産み分けは、精子の生理を利用する

受精時にコントロールできる要素はいろいろありますが、大きなポイントは・・

 Y精子(男の子)は、酸に弱い
 X精子(女の子)は、アルカリ性に弱い

 Y精子(男の子)は、短命
 X精子(女の子)は、比較的寿命が長い

ということ。

だから、精子を選別すれば、産み分けも(ある程度)可能になります。


男の子の産み分けは、精子をピンポイントで送り込むベシ!

受精時にコントロールできる要素はいろいろありますが、大きなポイントは・・

射精されたY精子(男の子)の数は、X精子(女の子)の2倍程度ありますが、膣内が酸性のため、Y精子(男の子)の多くが死滅します。 また、子宮の入り口付近はアルカリ性のため、今度はX精子の多くが弱体化します。
女性体内の生理環境で、性別が決定されているんですね。

けれど、排卵日には膣内がアルカリ性になるため、Y精子(男の子)が優勢の状態になります。

だから・・・

受精前後の女性の状態により、産み分け成功の可能性も(ある程度)あるのです。

・・で、どうするかと言うと・・・


セックスは、排卵日に!
 Y精子(男の子)は、X精子(女の子)は、より短命。
 だから、排卵したらスグに受精できるようにします。

深く挿入する体位で、子宮口まで直接届ける!
 膣内は酸性のため、子宮口までの移動の途中で、Y精子(男の子)が死滅しないように
 子宮口まで、直接届けてください。

女性がオーガズムを感じること!
 女性がオーガズムを感じると、子宮頚管からアルカリ性の
 粘液の分泌が起こるのです


二人で、いろいろとタイヘンですね(笑)。
まぁ、楽しみながらやってくださいませ。成功を祈ります。


・・でもね、いろいろありますが、子は天からの授かりもの。

男の子でも、女の子でも、愛してあげてくださいね。
子どもは、あなたを選んで生まれてくるのですから。

スポンサードサイト


男の子の産み分け トピックス

スポンサー広告

受験生や資格試験を受ける人のための頭がよくなるサプリが人気です。
アロマの資格を十分に生かせるのが、アロマテラピー検定試験の内容や受験対策などをお知らせします。

Copyright 2006-2008 産み分け 男の子 All rights reserved.